Leading scientists lined up for new online seminar series »click here» 

妊娠とB型肝炎 

妊婦はB型肝炎の検査を受けるべきですか?

はい。妊娠中の女性は全員B型肝炎の検査を受けるべきです。妊娠したら、出産に必ずB型肝炎の検査を受けてください。

B型肝炎の検査が妊婦にとってとても重要な理由は?

B型肝炎に感染している妊婦は、妊娠中や出産中に新生児にウイルスを感染させてしまうおそれがあります。妊婦がB型肝炎に感染していることを医師が知っていたら、医師は新生児が感染しないように分娩室で適切な処置を行うことができます。適切な処置が行われないと、新生児が慢性B型肝炎を発症する確率は95%です。

B型肝炎に感染していると妊娠に影響しますか?

妊娠中、B型肝炎が妊婦やまだ生まれていない赤ちゃんに問題を引き起こさないようにしなければなりません。担当医師が妊婦がB型肝炎に感染していることを知っていれば、妊婦の健康状態を監視し、赤ちゃんが生まれたら感染しないように守ることができます。

妊婦がB型肝炎に感染していたら、どうやって赤ちゃん守ればいいのですか?

B型肝炎の検査結果が陽性であった場合、医師はB型肝炎のe抗原(HBeAg)の検査を行います。そしてその結果も陽性であれば、次にB型肝炎ウイルス量血液検査(HBV DNA定量検査)を行います。検査結果で極めて高いウイルス量が判明した場合には、医師は妊娠後期に経口抗ウイルス薬を服用するように勧めます。この薬は妊婦にも安全で、出産時に新生児の感染リスクを減らしてくれます。 

B型肝炎の検査結果が陽性の場合、新生児は分娩室で直ちに2回の予防接種を受けなければなりません。

  • 1回目はB型肝炎ワクチン
  • 2回目はB型肝炎免疫グロブリン(HBIG)

出産後12時間以内にこれら2つの予防接種が適切に実施されると、90%上の確率で新生児は生涯にわたってB型肝炎の感染から守られます。

予防接種のスケジュールに従って、B型肝炎の残りの2~3回の予防接種を必ず赤ちゃんに受けさせてください。赤ちゃんをB型肝炎の感染から完全に守るには、どちらの予防接種も受けなければなりません。B型肝炎ウイルス(HBV)陽性の母親から生まれる赤ちゃんは、9~12ヶ月の時点で予防接種後の血清検査を受けて、HBVに感染していないことを確認することも大切です。この検査には、HBsAgと抗HBs検査が含まれます。

この機会を逃したら、赤ちゃんをB型肝炎から守るための機会は二度とやって来ません!

米国外での予防摂取

多くの国では、5種混合ワクチン、すなわち5つの病気(ジフテリア、百日咳、破傷風、B型インフルエンザ、B型肝炎)から保護するために組み合せたワクチンを6週~1歳の乳児に接種します。1回目の接種は6週目、2回目は10週目、3回目は14週目に行います。5種混合ワクチンは、ワクチン予防接種同盟団体であるGaviの支援により、無料で接種できます。提供されているリソースや予防接種については、お住まいの国のGavi本部にご連絡ください。 http://www.gavi.org/country/.

B型肝炎の母親から生まれた赤ちゃんは、出産時から6週目までの間の感染を防ぐことができないため、5種混合ワクチンの最初の接種を待っていたのでは遅すぎます。B型肝炎検査で陽性になった女性は、ウイルスを赤ちゃんに感染させるおそれがあり、感染すると赤ちゃんは慢性肝炎にかかります。

WHOは、出生後24時間以内にすべての新生児にB型肝炎の予防接種を行うことを推奨しています。Gaviでは出生時の予防接種は提供されていませんので、出生時の予防接種が可能かどうか、可能な場合はその費用について前もって確認してください。これは、B型肝炎検査で陽性だった女性にとって特に大切です。

B型肝炎に感染しているかどうかわからない場合は、担当医に検査をしてもらってください。

5種混合ワクチンの接種を受けない赤ちゃんの場合は、B型肝炎ウイルス(HBV)のワクチンを出生後12時間以内に接種し、残りの2~3回の接種も接種スケジュールに従って行います。

5種混合ワクチンの接種を受ける赤ちゃんの場合は、B型肝炎の1回目の接種を出生後12時間以内に行い、残り2~3回目のHBVワクチン接種は、5種混合ワクチン接種の1~2回目の接種によって行います(5種混合にHBVワクチンも含まれるため)。

*注意:CDCは、B型肝炎ウイルス(HBV)のワクチンの1回目の接種とB型肝炎免疫グロブリン(HBIG)を出生後12時間以内に行うように推奨しています。HBIGはすべての国で接種できるわけではありません。

妊娠中に治療は必要ですか?

妊娠中、B型肝炎が妊婦やまだ生まれていない赤ちゃんに問題を引き起こさないようにしなければなりません。担当医師が妊婦がB型肝炎に感染していることを知っていれば、妊婦の健康状態を監視し、赤ちゃんが生まれたら感染しないように守ることができます。妊婦していて米国外にお住まいの方で、B型肝炎にかかっているかどうかがはっきりしない場合は、担当医にB型肝炎の検査を申し出てください。

HBeAg陽性でウイルス量が極めて高い母親から生まれた新生児の場合は、HBVワクチンとHBIGを出生時に接種しないと高い確率でB型肝炎に感染するおそれがあります。

妊娠中にB型肝炎と診断された女性は全員、B型肝炎に詳しい医師の治療を引き続き受けるべきです。担当医師は、B型肝炎e抗原、HBV DNAレベル、および肝機能検査 (ALT) を含めた臨床検査を行う必要があります。

200,000 IU/mLまたは1,000,000 cp/mlより高いウイルスレベルは、ワクチンとHBIGを組合せた出生時の接種が十分ではない可能性を示しています。出生前にウイルス量を減らすためには、テノホビルを用いた第一選択で高ウイルス療法を推奨します。テノホビルは、妊娠中と授乳中の母親にとって安全であることがわかっています。テノホビルの効果がない場合には、担当医によりテルビブジンかラミブジンが処方される場合もあります。抗ウイルス治療は妊娠28~32週に始まり、出産後3ヶ月まで続けられます。

出産後に治療は必要ですか?

妊娠中に抗ウイルス薬を処方されている場合、3ヶ月ごとに6ヶ月間 ALT(SGPT:血清グルタミン酸‐ピルビン酸トランスアミナー)をモニターする必要があります。これは、抗ウイルス治療を続けるかどうかを判断する目安となります。医師が検査結果に基いて抗ウイルス治療を続ける必要がないと助言しない限り、治療を止めないでください。フォローアップ検査で活動性疾患の徴候が見られない女性に対しては、多くの場合担当医師は肝臓専門医による定期的な診察を推奨します。 

どのような場合でも、産科医と新生児担当の小児科医が母親のB型肝炎について認識し、新生児の出産時に適切な予防接種を確実に実施して生涯にわたるB型肝炎への感染を防ぎ、母親が必要なフォローアップ治療を受けることが非常に重要です。 

B型肝炎の母親は授乳できますか?

授乳によるB型肝炎感染のリスクは非常に小さく、授乳で得られる利点はその潜在的なリスクを上回ります。さらに、新生児には全員、出生時にB型肝炎の接種を受けることが奨励されており、感染リスクはさらに低下します。また、B型肝炎を管理するために処方されるテノホビルは、授乳する女性にとって安全であるというデータが示されています。

Pregnancy & Hepatitis B

Should I be tested for hepatitis B if I am pregnant?

Yes, ALL pregnant women should be tested for hepatitis B! If you are pregnant, be sure your doctor tests you for hepatitis B before your baby is born.

Why are these tests so important for pregnant women?

If you test positive for hepatitis B and are pregnant, the virus can be passed on to your newborn baby during your pregnancy or during delivery. If your doctor is aware that you have hepatitis B, he or she can make arrangements to have the proper medications in the delivery room to prevent your baby from being infected. If the proper procedures are not followed, your baby has a 95% chance of developing chronic hepatitis B!

Will a hepatitis B infection affect my pregnancy?

A hepatitis B infection should not cause any problems for you or your unborn baby during your pregnancy. It is important for your doctor to be aware of your hepatitis B infection so that he or she can monitor your health and so your baby can be protected from an infection after it is born.

If I am pregnant and have hepatitis B, how can I protect my baby?

If you test positive for hepatitis B, your doctor should also test you for the hepatitis B e-antigen (HBeAg), and if positive, you should have a hepatitis B viral load blood test (HBV DNA quantification). In some cases, the laboratory test results may show a very high viral load. In these cases, your physician may recommend that you take an oral antiviral drug in the third trimester, which is safe to take to reduce the risk of infecting your newborn at birth. 

If you test positive for hepatitis B, then your newborn must be given two shots immediately in the delivery room:

  • First dose of the hepatitis B vaccine
  • One dose of hepatitis B immune globulin (HBIG)

If these two medications are given correctly within the first 12 hours of life, a newborn has more than a 90% chance of being protected against a lifelong hepatitis B infection.

You must make sure your baby receives the remaining 2-3 doses of the hepatitis B vaccine according to schedule. All doses must be completed in order for your infant to be fully protected against hepatitis B. It is also important that a baby born to an HBV-positive mother receive post-vaccination serologic testing at 9-12 months to confirm the baby is protected against HBV and is not infected. Tests include the HBsAg and anti-HBs titer test.

There is no second chance to protect your newborn baby!

Vaccination Outside the United States

In many countries, the pentavalent vaccine, a combination 5-in-one vaccine that protects against five diseases (diphtheria, pertussis, tetanus, Hib and hepatitis B) may be given to babies more than 6 weeks of age, and can be given up to 1 year of age. The first dose is given at 6 weeks, and the second and third doses are given at 10 and 14 weeks of age. The pentavalent vaccine may be made available free of charge with the support of Gavi, the Vaccine Alliance. Check the Gavi country hub to see the resources and immunizations that may be available: http://www.gavi.org/country/.

For babies born to mothers with hepatitis B, waiting for the first dose of the pentavalent vaccine is too late and will NOT protect the baby from becoming infected during birth or within the first six weeks of life. A woman who is hepatitis B positive is likely to pass the virus on to her baby, who will then be chronically infected.

WHO recommends the hepatitis B vaccine within 24 hours of birth for ALL babies. Plan ahead and inquire about the availability and cost of the monovalent (single), birth dose of the vaccine, as it is not a Gavi provided immunization. This is particularly important to women who are positive for hepatitis B.

If you are unsure of your hepatitis B status, please be sure your doctor tests you for hepatitis B!

For babies NOT receiving the pentavalent vaccine, the first dose of the monovalent, HBV vaccine must be given within 12 hours of birth, followed by the remaining 2-3 doses of the hepatitis B vaccine according to schedule.

For babies receiving the pentavalent vaccine, the first, monovalent dose of the hepatitis B vaccine is given within 12 hours of birth, and the second and third doses of the HBV vaccine will be included in dose 1 and dose 2 of the pentavalent vaccine.

*Note: CDC recommends both the first shot of the HBV vaccine and HBIG within 12 hours of birth. HBIG may not be available in all countries.

Do I need treatment during my pregnancy?

A hepatitis B infection should not cause any problems for you or your unborn baby during your pregnancy. It is important for your doctor to be aware of your hepatitis B infection so that he or she can monitor your health and so your baby can be protected from an infection after it is born. If you live outside of the U.S. and are unsure of your hepatitis B status, please ask your doctor to test you for hepatitis B.

Failure of the birth dose of the HBV vaccine and HBIG may occur in women who are HBeAg positive and have a very high viral load, allowing for the transmission of hepatitis B to your baby.

All women who are diagnosed with hepatitis B in pregnancy should be referred for follow up care with a physician skilled at managing hepatitis B infection. Your physician should perform additional laboratory testing, including hepatitis B e-antigen, HBV DNA level, and liver function tests (ALT).

A virus level greater than 200,000 IU/mL or 1 million cp/ml indicates a level where the combination of the birth dose of the vaccine and HBIG may fail. First-line, antiviral therapy with tenofovir may be recommended to reduce the viral load prior to birth. Tenofovir has been shown to be safe both during pregnancy and for breastfeeding mothers. In cases where tenofovir is not effective, doctors may prescribe telbivudine or lamivudine. Antiviral treatment begins at 28-32 weeks and continues 3 months postpartum.

Do I need treatment after my pregnancy?

If you are prescribed antivirals during pregnancy, you should have your ALT (SGPT) monitored every 3 months for 6 months. This will help determine if you should continue antiviral treatment. Please do not discontinue your antiviral medication unless the doctor advises you to, based upon test results. For most women whose follow up testing shows no signs of active disease, your physician will recommend regular monitoring with a liver specialist. 

In all cases, it is very important that your obstetrician and your newborn’s pediatrician, are aware of your hepatitis B status to ensure that your newborn receives the proper vaccines at birth to prevent a lifelong hepatitis B infection, and that you receive appropriate follow up care. 

Can I breastfeed my baby if I have hepatitis B?

The benefits of breastfeeding outweigh the potential risk of infection, which is minimal. In addition, since it is recommended that all infants be vaccinated against hepatitis B at birth, any potential risk is further reduced. There is data that shows that tenofovir, which may be prescribed to manage hepatitis B, is safe for breastfeeding women.